05// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //07

福島県双葉郡広野町立広野中学校ホームページ

「広野中で学びたい!」を応援します!

ふたば未来学園高校 3年生 来校

 本日、ふたば未来学園高校「アグリビジネス探究班3年」の4名が来校しました。近年、あまり見かけなくなってしまった広野町の花である「ヤマユリ」にスポットをあて、現在育てているそうです。いずれ町中にヤマユリの花が咲き、広野町の元気の象徴としていきたいとの熱い思いをお話しくださいました。そして、花が咲く頃になったとき、改めて本校に届けてくださるとのことでした。その日を楽しみにしていきたいと思います。
 また、来校した高校生は、あいさつはもちろん、名刺交換、話し方など、大変素晴らしい態度・マナーを見せてくれました。きっと見事なヤマユリの花が咲くのでしょう!

ふたば未来生徒

category: 地域

[edit]

trackback: --   本文: --   

page top△

お花をいただきました!

 卒業式を迎えるにあたって、今年も、 広野町赤十字奉仕団 の皆様より、お花をいただきました。お花を手にした3年生は、「いよいよ卒業か...」とポツリ。でも、すぐに笑顔になって、嬉しそうにお花たちを眺めていました。サイネリア、ベコニア、ガーベラと、卒業式に飾らせていただきます。また、ガーベラは、卒業生16名に贈ります。本当に、ありがとうございました。

IMGP2349 1

category: 地域

[edit]

trackback: --   本文: --   

page top△

8月10日は『道の日』でした。

 「道の日」は、道路の意義・重要性に対する国民の関心を高めるために1986年に国土交通省が制定しました。今回、福島県富岡土木事務所長さまより、本校生徒2名が「1日道路パトロール員」に委嘱され、道路管理や河川・海岸パトロールについて学習してきました。

交付1

交付

パト前

パト1

 参加した生徒は、「黄色いパトロールカー」がいつも気になっていたとのことで自ら志願して参加しました。「大きな事故が起きる前に、道路の管理を24時間体制で行っていることが分かり、やりがいのある大事な仕事だと思いました。」「道路を使っているのは僕たちなので、まずは僕たちがきれいにしなければならないと思いました。」貴重な学習の機会とすることができました。ありがとうございました。


category: 地域

[edit]

trackback: --   本文: --   

page top△

双葉郡子供未来会議

本日、2月19日(水)午後1時より、広野小学校体育館に於いて『双葉郡子供未来会議』が開催され、本校中学1,2年生の28名が参加しました。
参加者は他に、広野小学校6年生の児童13名や本町北側に隣接する楢葉町より同じく小学6年生から中学2年生までの6名、さらにその保護者や教職員を加えた、総勢66名による盛大な会議となりました。

会議を主催する双葉郡教育復興ビジョン推進協議会は双葉郡各町村の教育長を主たるメンバーとし、これまで各町村の児童や生徒、そして保護者、教職員を対象として同様の会議を行ってきました。そして今年度の最終として、本町の児童・生徒を中心とした会議が設定されました。

会場には復興ビジョン推進会議のメンバーはもちろん、文部科学省や福島県教育委員会職員、そして福島大学の教授、学生、各種NPO団体関係者等々、運営する側からも多数のご協力をいただき、決して大きいとは言えない小学校体育館が一層小さく思えました。

会議のテーマは「最高の学校、最高の教育とは」です。
話し合いはワールド・カフェという“カフェ”のようなくつろいだ空間の中で、参加者がルールに沿って自由 に会話を行い、創造的なアイディアや知識を導き出したり、共有することを促す手法を用いて行われました。

各テーブルにはテーブルクロスのように模造紙がかけてあり、参加者たちはそれぞれの思いや願い、夢などを発表しながら、この紙に意見を書き込み合っていました。

会議のなかごろ、進行役の文部科学省職員から、本日、復興庁福島復興局事務局長が参加されているという紹介がありました。子どもたちには難しい肩書きのため、「簡単に言うと、とても偉い人です。」という紹介がされると、生徒たちの目は一気に釘付け。



事務局長からご挨拶をいただいた後、引き続き話し合いの時間が始まると、なお一層話し合いに熱が入る生徒たちでした。

category: 地域

[edit]

trackback: --   本文: --   

page top△