10// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //12

福島県双葉郡広野町立広野中学校ホームページ

「広野中で学びたい!」を応援します!

合同避難訓練

本日、町立幼稚園、小学校、中学校2校1園合同による避難訓練を実施しました。
訓練は、原子力発電所の事故が発生した際、校舎内での屋内退避、そして悪化が予想された時点で、1次・2次避難場所への各移動をスムーズに行えるよう、町教育委員会など関係機関との連携を図りながら実施しました。

実際に生徒たちは、大きな地震発生時は窓やドアを開けすぐに机の下で身を守り、次に発電所の異状の放送を受けると戸締まりをして教室内で退避、その後悪化の連絡を受けるとすぐに身支度を調え、上履きを持参しながら、緊急輸送用バスに乗り込み第一次避難場所である広野小学校へと移動しました。



東日本大震災の経験が生かされ、生徒たちは皆、真剣かつ冷静に各段階での行動を適切に行うことができました。

訓練後の講評で教育委員会担当者から、町内の学校で唯一貯水タンクや給食センターを持つ小学校が第一次避難所として選ばれている理由であるというお話がありました。また、大震災後も小学校貯水タンクの水は汚染されなかったことにも触れられ、生徒たちの大きな安心材料となりました。

さらに、自衛隊との連携も既に構築されており、第二次避難場所へは必要に応じ、小学校校庭がヘリコプターの発着場所となり、園児や児童・生徒たちの空輸による避難も想定しているとのことでした。

安全は内向き、安心は外向きなものと言えます。
言い方を換えれば、安全対策は想定内で確定し、安心対策は想定外の状況においても求め続けることができます。

学校現場においてもこれに満足することなく、生徒たちの学校生活における安心材料を求め続けていきたいと思います。

category: 行事

[edit]

trackback: --   本文: --   

page top△